桑の葉の栄養成分と効能・効果

桑の葉の主な効果・効能

  • 解熱作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 滋養強壮作用
  • 利尿作用

桑の葉の概要

桑の葉はおもに養蚕用に栽培されています。自然の状態で放置すれば10mにも達するほどの高木になりますが、カイコのために刈り込まれますので、低木で見かける機会が多いようです。

欧米ではアカミグワやクロミグワを生食用として栽培しています。又果実をジャムに又は発酵させて桑実酒にしています。

桑の葉の栄養成分

広く各地に栽培されるクワ科の落葉樹です。桑の葉の根をそのままあるいはコルク層を除いたものが生薬「桑自皮」です。根にはα-アミリン、β-アミリンやプレニルフラボノイドのモルシンが含まれ利尿作用や血圧降下、血糖値を下げる効果があるといわれています。

漢方では、消炎、利尿作用があるとされ、鎮咳薬として咳蠍や呼吸困難に用いられます。

桑の葉は桑葉(そうよう)と呼ばれる生薬です。晩秋の霜にあたったものが良品です。葉にはフラボノイドのルチン、クェルセチン、モラセチン、イノコステロンなどが含まれ、抗菌作用があります。風邪などによる発熱、頭痛、結膜炎、口港、咳蠍、脳卒中、じんましんなどに用います。

桑の幼枝は桑枝(そうし)です。関節の痛みや四肢のひきつり、癌痔症、浮腫に用います。

葉、枝は桑の葉茶として用い、健康茶として愛飲する人も増えてきました。

桑の果実は桑格子(そうじんし)です。熟すと、紫紅色になります。そのままで食べることもでき、甘酸っぱい果汁が豊富です。

果実には、有機酸、糖類、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カロチンなどが含まれます。口の渇き、便秘、慢性疾患、病後、高齢などで体力の低下している時、めまいの時などに用います。

桑の葉の実をホワイトリカーに漬けて「桑の葉の実酒」を作ります。「桑の葉の実酒」は耳や目の機能を強める効果があるといわれています。

桑の葉の主な効能・効果と摂取方法

●桑自皮を1日量5~8g煎じる

  1. 消炎、利尿作用
  2. 鎮咳薬として咳蠍や呼吸困難に

●桑葉を煎じるか、お茶として服用する

  1. 風邪どによる発熱の解熱
  2. 頭痛、結膜炎、口渇、咳噺、脳卒中、じんましん

●桑枝を煎じるか、お茶として

  1. 関節の痛み、四肢のひきつり、痛棒感、浮腫に

●果実を生食

  1. 口の渇き、便秘
  2. 慢性疾患、病後、高齢などで体力が低下している時、めまいなど

●桑の葉酒として

  1. 耳や目の機能を高める
最後まで読んで頂きありがとうございます

関連記事

記事はありませんでした

no image
桑の葉の栄養成分と効能・効果

桑の葉の主な効果・効能 解熱作用 抗炎症作用 抗菌作用

→もっと見る

PAGE TOP ↑