桑の葉とは?

桑の木には、根皮、葉、実それぞれに効用があるとされていることから、中国では古来「桑葉」と呼ばれる桑の葉を乾燥させた生薬が珍重されてきた。

他の食品の成分含有量と比較しても、キャベツの60倍に相当するカルシウム量を誇り、鉄分は小松菜の15倍、カロチンもホウレン草の約10倍と豊富に含まれているほか、人間の健康に有益なミネラル成分も多いことが認められている。

桑の葉の効果・効能

桑の葉から抽出される特有成分のひとつが、デオキシノジリマイシン(DNJ)である。

DNJはブドウ糖によく似た成分で、血糖値の上昇を制御する働きをもつ。一般的に、炭水化物などの多糖類は腸内で分解されて吸収されるが、DNJは、糖分を分解する酵素「α-グルコシダーゼ」の働きを抑えることから、ブドウ糖が吸収されるのを阻害する。糖の吸収が抑えられるので、血糖値をコントロールするのに役立つ。

桑の葉の摂取方法について

桑の葉エキスを摂取するには、お茶として飲用するか、桑の葉の粉末、あるいは錠剤などのサプリメントで摂取するのが一般的。

ほとんどのものに、DNJだけでなく桑の葉の成分を取りこんだものが多いため、その効果も同時に期待できる。血糖値の上昇を抑えるためには、食前か食中に摂ると効果的だ。

その他の桑の葉の効果・効能

DNJの働き以外にも、桑の葉の成分が高脂血症に効くという研究報告が出ている。高脂血症の症状が続くと、酸化コレスレロールが血管壁に付着して動脈硬化を引き起こすこともある。

桑の葉に含まれるラボノイド類の抗酸化作用により、LDLコレステロールの酸化を防ぐのではないかと考えられている。

桑の葉にはカルシウムやカリウムなどのミネラルのほか、アミノ酸も含まれている。今後研究が進めば、さらに新しい働きが実証されると期待されている。

漢方薬としての桑の葉

根皮は消炎、去疾、利尿作用に優れ「桑根白皮」という漢方薬として用いられている。実には葉を上まわる亜鉛含有量があり、目によいことで脚光を浴びた色素ポリフェノール、アントシアニンも含まれている。

ちなみに桑の木は酸素の放出量が多い。環境にもやさしい樹木だ。

最後まで読んで頂きありがとうございます

no image
桑の葉の栄養成分と効能・効果

桑の葉の主な効果・効能 解熱作用 抗炎症作用 抗菌作用

→もっと見る

PAGE TOP ↑